土地分譲と注文住宅ならお任せください - ミツワ都市開発 住宅事業部
  • ミツワの家づくり相談
  • 分譲地を探す
  • 新築建売り物件を探す
  • 施工実績
  1. トップページ>
  2. ミツワの「ずっとECOな家」誕生

ミツワの「ずっとECOな家」誕生

そんな家族にうれしいシステムが誕生。家じゅうがエアコン1〜2台で快適。家計に優しく、快適・健康な室内環境が実現しました。

冷房省エネルギー(熱交換)のメカニズム図

冷房省エネルギー(熱交換)のメカニズム

ミツワの『全熱交換器』で熱い外気を各部屋の冷たい内気で、少々冷やし床下空間に給気します。なおかつ、地中熱(夏の床下は25度前後のヒンヤリとした空間)が、ベタ基礎に伝わり、床下の冷やされた空気と混じり合ってから室内に給気します。

空気中には湿度という目に見えないエネルギーがあります。同じ気温でも湿度が高いと蒸し暑さを感じ、低いと快適に過ごせます。

常夏のホノルルで快適に過ごせるのは、湿度が低くカラッとしているからです。世界的に見ても湿度の高い日本の夏では、湿気をいかに無駄なく排出し、また室内に取り入れないかが省エネのポイントになります。冷房の消費電力のほとんどは、除湿に使われています。省エネ空調を実現するために、温度だけでなく湿度も交換しながら換気のできる「全熱交換型」の換気システムです。

暖房省エネルギー(熱交換)のメカニズム図

暖房省エネルギー(熱交換)のメカニズム

ミツワの『全熱交換器』で、冷たい外気を各部屋の暖かい内気で、少々暖め床下空間に給気します。なおかつ、地中熱(冬の床下は15℃前後の暖かい空間)が、ベタ基礎に伝わり、床下の温められた空気と混じり合ってから室内に給気します。

過乾燥対策のメカニズム図
冬は過乾燥対策が重要

冬の空気は冷たく感想していますが、暖房によって部屋の温度を上げると更に空気が乾燥します。「インフルエンザ」や「RSウイルス」などのウイルスは、低温低湿を好みます。 インフルエンザウイルスは湿度が35%以下の湿度が低い状態では1日経過しても生存していますが、湿度50%の環境では約10時間後にほぼ全滅します。換気の際に、水蒸気を回収し再び室内に取り入れる事は、抵抗力の弱い老人や乳幼児にとって風邪予防に有効な手段となります。

地熱エネルギーecoシステム+地中熱の特徴8

冬場にひそむ危険「ヒートショック」は、体に悪影響を及ぼすこわい存在。場合によっては、深刻な事故につながることもあります。安心で健やかに暮らせる住まいを実現するために、「ヒートショック」の防止対策に十分な性能を発揮します。
夏のじめじめした暑い外気を床下の「ミツワのecoハイブリッド」で熱交換・湿度交換させ、床下地中熱でヒンヤリとした空気を室内(LDK)へ取り込むのでLDKに1台及び2階の階段・ホールに1台、合計2台のエアコン設置で家じゅうが快適な温度、湿度に保つことができ、その結果エアコンにかける購入費用が軽減できます。
エアコンの設置台数が少なければ光熱費も軽減できます。
本体に内蔵された2台のファンを稼働させても、1ヵ月の消費電力は800円程度なので、家計にやさしい・Eco・省エネなのです。
高性能花粉フィルターは、フィルター面積が大きく、クリーンな空気を取り込むため、花粉・ほこり除去対策も万全です。花粉症・アレルギー疾患の方も快適。花粉除去率99.8% ダスト除去率95.0% ※(財)日本紡績検査協会の試験結果
床下が室内に近い環境になり底冷えしないし、床暖房の必要もなくなります。
ミツワのecoハイブリッドで除湿させ、室内のカビ・ダニが生息しにくい湿度に保ちます。(家電製品に使用されている難熱剤から臭素系ダイオキシンが発散し、浮遊している家のほこりに汚染物質が吸着し、そのほこりを吸ったり、いろいろな物を口に入れることが多い乳幼児が家族の中でも摂取量が多く、摂取量を減らすには掃除を小まめにしてほこりがたまらにようにすることが大切です。)※京都大・愛媛大・国立環境研究所の共同開発グループの研究結果 2006年8月ダイオキシン国際会議発表 森田昌敏(日本環境化学会長)
屋外給気フィルターの交換は、腰の高さの位置・室内フィルターは、床面なのでメンテナンスが容易です。量フィルターともに水洗いで再利用できます。

余った電力は電力会社に売り、雨の日や夜間など、発電電力量が足りない時は電力会社から電力を購入します。電力の売買は自動的に行われるので、手間いらず。季節や時間帯によって電力料金が安くなる料金プランと併用すれば、消費電力量が多くなりがちな夜間の電気料金が約59%も安くなるので、一段とおトクに。オール電化住宅の場合はさらに割引になります。

新型ECONONAVIT ソーラー発電モニタ新型 エコのナビット

地震や台風の力は「壁」が支えます。
従来の日本家屋は、“大黒柱”の喩えにあるように強い柱が重い屋根を支える構造でした。しかし、現在の木造住宅は、地震・台風など横からくる力に対しては、「壁」の働きで対抗することが常識です。
筋かいと耐力面材の違い
耐力面材は力を面全体に分散させるとともに、四周に留め付けた一本一本の釘で支えます。それに対して筋かいは力が局所的に集中するので軸組がはずれやすくなります。
燃えにくいダイライトが火災から住まいを守ります。
近隣からの類焼・延焼を防ぎ、大切な家族や財産を守ることは、安心・安全な家づくりの基本条件です。ダイライトは燃えにくい無機質素材ですから、すぐれた防耐火性能をそなえ、準不燃材料として認定されています。
ページの上部へ