文字サイズ変更

新着情報

ブログ

夢ものがたり

 

 

 

 

こんにちは。

 

恒例となりました「夢ものがたり」の皆様による、「唄と踊り」

 

 

 

 

このイベント。

 

演者様が、入居者様・利用者様との触れ合いをとても大切にしていらっしゃます。

 

開始の曲目は、皆様ご存知「孫」から。

 

 

 

 

 

 

こちらの演者様。

 

「石原裕次郎」を彷彿させる、美声の持ち主。

 

曲目は「夜霧の慕情」

 

石原裕次郎を深く存じ上げない私でも、物凄いオーラが伝わってきました。

 

「男が惚れる男」という表現が合うかもしれません。

 

 

 

 

 

 

こちらの踊りは、その名も「織田信長」

 

「泣かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」

 

正に信長の威厳を象徴するような一幕です。

 

 

 

 

 

 

続いて「十三の恋唄」

 

その演目通り、若い娘が恋をする物語。

 

青い御衣裳も相まって、純真さの中に哀愁が漂うような、そんな印象です。

 

 

 

 

 

 

この写真からも気迫が伝わります「熊の灘」

 

華美な衣装が、躍動感に花を添えます。

 

 

 

 

 

 

少し芸当が変わって、こちらは「愛染かつら」の主題歌でもある「花の夜風」

 

看護師さん役の演者様の白衣は「本物」

 

入居者様・利用者様を気遣う場面も「本職」に負けず劣らず見事でした。

 

 

 

 

 

 

クライマックスまで、終始大盛況でした。

 

 

 

 

「芸は身を助く」という言葉がありますが、

 

「芸は感動を与える」という表現の方が、しっくりくるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 11